コラム お知らせ
コラム

東亜不動産コラム

ワイキキへ行きたいか〜?! 社長がハワイ不動産を推す3つの理由

2018.08.28 このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

ハワイ大好き、東亜不動産の代表取締役 岩本です。

どれくらい好きかというと、過去に2回も行ったことがあるくらいです!

2回…。

いやいや、ハワイ愛に回数は関係ありません。問題は深さです。

 

なぜ、唐突にハワイの話を始めたかというと、実はきちんと理由があります。

不動産投資家であれば誰でも頭を悩ませている節税対策。
ハワイで不動産を所有することによって、効果的に節税ができるとしたら?

憧れのリゾートで物件を所有し、さらに節税対策にもなるなんて、夢のような話ですよね。

そこで今回は、私自身も大いに投資家ゴコロをくすぐられている、ハワイの不動産事情についてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

言わずとしれたハワイの魅力

私が語るまでもなく、ハワイといえば世界有数のビーチリゾート。

特にオアフ島の中心市街地・ホノルルは全米11位の大都市でもあり、2017年に実施された調査によると、全米でもっとも住みやすい町に選ばれています。

 

また、ハリケーンや地震といった災害の被害も少なく、米国内では治安のよさもトップクラス。

ワイキキでは、ほとんどの店舗やホテルで日本語が通じるのも有り難いですよね。

恵まれた自然環境と、観光産業がもたらす安定した経済基盤。

ハワイ・オアフ島は、不動産市場という観点で見ても抜群の安定性を誇る土地なんです。

 

 

 

 

ハワイ不動産の利点 その1〜減価償却で節税できる〜

「海外で不動産を取得するなんて、税申告が面倒そう」そんな心配は無用です。

なぜなら海外の不動産も、日本での税申告の際には日本の税制が適用されるから。

ハワイの不動産を購入した場合も、普通に減価償却が経費として落とせるんです。

 

日本の税法において22年の耐用年数を過ぎた木造戸建ては、耐用年数の2割の年月で減価償却できます。

つまり、22×0.2=4年となり、4年で減価償却できる。

オーナーの皆様はよくご存知の、いわゆる加速度償却という仕組みですね。

 

減価償却は建物部分に適用されるため、仮にハワイで建物の価値が1億円の戸建てを購入した場合、4年で減価償却ということになります。

そうすると、1億円÷4年=2500万円の経費を4年間計上できることになります。

この時点で、かなり魅力的ですよね。

 

 

 

 

ハワイ不動産の利点 その2〜活発な中古市場で売却益を狙える〜

ハワイで不動産を取得する場合、大きな利点のひとつが活発な中古売買市場です。

特にコンドミニアムの市場動向は、中古販売の数字が主流。

日本のように新築販売の数字ではありません。

 

また、ハワイ不動産では築40年や50年経っても建て替えが検討されることはごく稀です。

建物の古さと、それを維持管理してきた長い年月は誇りと捉えられ、実質的な不動産の価値が評価対象になります。

 

よって、売却で利益を出せる可能性が日本の不動産よりも高い!

築年数が古いほど価値が下がり、客付けにも苦労する日本とは真逆の発想ですね…。

不動産賃貸業者としても羨ましい限りです。

 

 

 

 

ハワイ不動産の利点 その3〜信頼できる第3者機関がある〜

2012年度の調査によると、アメリカの不動産売買の透明度は世界でNo.1!

(日本は25位だそうです…低い…泣)

さらにハワイ州には「エスクロー」というシステムがあり、不動産の売買を非常に安全にしているため、安心して購入することができます。

※Escrow=信頼できる第三者に金銭や書類などを預けること

 

購入に関する手続きはもちろん、シロアリ調査や測量、名義、抵当権、動産リストのチェックなども30〜50日間かけてじっくりと行うそうです。

きちんと維持管理が行われ、正当な評価が行われるという前提があるからこそ、中古市場が活発に動くのでしょうね。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

売買システムはハワイ式。税法は日本式。

この2つを上手く組み合わせることによって、節税効果を期待できるということをご理解いただけたかと思います。

 

本当は、購入時の注意事項や失敗しない投資のコツなど、まだまだお話したいことが山積みなのですが、今回はこのあたりで。

ハワイの不動産は、決して利回りがめちゃくちゃイイ! というものではありませんし、一発逆転的な売却益を狙うような投資でもありません(そもそもそんなギャンブル的な投資はオススメしませんが…)

 

しかし、憧れのハワイの物件オーナーという喜び&節税にも効果あり、というメリットは見逃せないもの。

仕事という名目で大手を振ってハワイに行きたい ハワイという土地に魅せられてしまった方には、その魅力が伝わったのではないかと思います。

 

興味が沸いてきたという方は、ぜひ東亜不動産の岩本まで、お気軽にお問い合わせください!

TOAコラム コラム一覧

2018.10.30

いま、沖縄がアツい!? 岩本社長が「マル秘投資テクで高利回りの土地GET」の噂に迫った!

アロハ〜♪ 前回のコラムが好評で嬉しい東亜不動産の代表取締役 岩本です。 思った以上…

ライターイメージ

他言無用! 不動産投資のオハナシ
「社長のここだけの話」

2018.10.26

Uターン系女子!土屋望生さん/ホームステージングでインタビュー

なーつがすーぎー 風あざみぃ〜   秋らしい季節になってきましたね! ズー…

ライターイメージ

「特集」

2018.09.22

僕の中古住宅物語#03

前回、最高の物件と巡り合ったが 寸前で買えなくなってしまってから 僕はやる気を失って…

ライターイメージ

とある一家のドタバタ劇
「ボクの中古住宅物語」

2018.08.28

ワイキキへ行きたいか〜?! 社長がハワイ不動産を推す3つの理由

こんにちは! ハワイ大好き、東亜不動産の代表取締役 岩本です。 どれくらい好きかとい…

ライターイメージ

他言無用! 不動産投資のオハナシ
「社長のここだけの話」

2018.08.20

ボクの中古住宅物語 #02

前回、賃貸よりも中古住宅買っちゃう方がお得じゃん! と考えた野田は中古住宅探しに邁進…

ライターイメージ

とある一家のドタバタ劇
「ボクの中古住宅物語」

2018.08.06

現役大学生にインタビュー!大学生の賃貸選びの実情

高校生から大学生になるとき、準備することはたくさんありますよね。 では、その中で一番…

ライターイメージ

「特集」

2018.07.31

お前はもう住んでいる…  〜西区島崎で見つけた「テラハ」の場合〜

宮崎の田舎JKが月出のアパートへ上京した話から 宮崎のいち田舎JKだったわたし(ライ…

ライターイメージ

「特集」

2018.07.19

不動産は人生のステージアップ。 HARU lab.主宰の相藤春陽さんの場合

場づくりで、人とつながる。 自宅から一歩踏み出すことで広がった人脈。 ※今回ご紹介す…

ライターイメージ

「特集」

2018.07.09

ボクの中古住宅物語 #01

はじめまして!ズートリ野田です。 今日から始まります「ボクの中古住宅物語」 本コラム…

ライターイメージ

とある一家のドタバタ劇
「ボクの中古住宅物語」

2018.06.19

バス停まで徒歩20分。では馬では何分?乗馬初心者が検証してみた。

あっ、こんにちは、ジャンプ力に定評のある前田と申します。 すみません、御手洗いで足を…

ライターイメージ

「特集」

2018.06.05

月間タシロ

みなさんこんにちは。   センチュリー21東亜不動産・事務の田代です。  …

ライターイメージ

わたしは、何でも知っている
「月刊タシロ」

2018.05.31

田中のただいま建設中!

こんにちは!センチュリー21東亜不動産の田中雄一朗と申します。 新しくブログを始める…

ライターイメージ

マンションの建設現場を
全力取材「ただいま建設中」